地球の歩き方

閉じる

「地球の歩き方」TOP > お金ガイド > お得な外貨両替術 > 海外旅行へのお金の持っていき方

海外旅行へのお金の持っていき方

海外旅行に行く際、お金を持っていく方法はさまざま。
まずは、旅行先で使われている通貨をそのまま“現金”で持っていく方法。
それから、日本でも使うことの多いクレジットカードを海外でも使えるようにして持っていく方法。

しかし、旅行に持って行くには現金だけでもダメだし、
クレジットカードだけでもダメだ。
理想としては、現金とクレジットカードをバランスよく使えるように持っていくのがベスト。
そこで知っておきたいのが、それぞれの方法のメリットとデメリット。
どんな場面でどの方法が使いやすいのか、
あるいは使いにくいのかを紹介しよう。

【現金】いつでも使える! でもセキュリティ面では不安も…

現金を使う最大のメリットは、何と言ってもどんな場面でも使うことができ、支払いがスムーズに済むこと。
少額の買い物であれば、サインをしたりするのも手間なので、現金を渡せばすぐに会計ができる現金は欠かせない。
また、海外では一般的なマナーとなっているチップにも、現金が必要だ。

反面、“安全性”の観点からすると現金はリスキーな選択でもある。
財布を落としたり盗まれたりすれば、それでおしまい。手元に戻ってくる可能性は皆無に等しい。
そもそも、高額の買い物の際に大量の札束を取り出していては、泥棒に「いいカモです」と自分から言っているようなもの。
現金は少額の買い物やチップに必要な分だけにとどめておき、クレジットカードと併用するほうがベターだ。

【結論】
現金は必要不可欠! ただし“最小限”にとどめること!!

このページをシェアする

facebook twitter メール もっと見る
▲このページの先頭へ戻る