トップ >海外旅行保険トップ > クレジットカード付帯保険だけで大丈夫?

クレジットカード付帯保険だけで大丈夫?

クレジットカードに付帯している保険について

クレジットカードに海外旅行保険が自動付帯しているか確認しよう!

最近は、スタンダードなカードでも海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードが数多くあります。
旅立ち前に自分が所有しているカードに保険がセットされているか、補償内容はどうなっているのかをチェックしてみましょう。
そして、付帯している保険の内容と旅行の目的・行程などを考慮し、補償が十分であるかを検討し、不足と思われる部分をフリープランの保険で補うか、逆にカード付帯保険を補足するかなどしましょう。

クレジットカード付帯保険は次のポイントに注意!

クレジットカード付帯保険でとくにチェックしたいのが下記に挙げるポイント。

  • 死亡・後遺障害の補償に比べて治療費補償が少額ではないか?
    • ケガをした場合、入院や手術を伴う治療では不十分なケースが多い。
    • 病気による死亡には補償がないケースが多い。
  • 賠償責任の補償額は十分か?
    • レギュラーカードでは2,000~3,000万円程度(若者対象のカードはさらに少額)。
    • 現在の世界情勢から考えて不安はないか。
  • 航空機寄託手荷物や航空機の遅延補償は付いているか?

新・海外旅行保険【off!(オフ)】事故の際

Qクレジットカードに付帯されている海外旅行保険とは別に【off!(オフ)】を契約した場合、保険金はどのように支払われるのですか?

A補償内容によって、【off!(オフ)】の補償とクレジットカード会社の補償を合計してお支払いするものと、補償を合計した金額を上限として、実際にかかった費用、損害額をお支払いするものがあります。

補償内容 A社クレジットカード B社クレジットカード 【off!(オフ)】の補償 補償の合計または上限 合計/上限
治療費用 つかない つかない 1,000万円 1,000万円 上限
傷害死亡・
後遺障害
200万円 300万円 500万円 800万円(※) 合計
疾病死亡 つかない つかない 500万円 500万円 上限
携行品損害 20万円
(自己負担額3,000円)
50万円
(自己負担額3,000円)
50万円 120万円 上限
賠償責任 1,000万円 1,000万円 0万円 2,000万円 上限
航空機寄託
手荷物遅延費用
つかない つかない 10万円 10万円 上限

※表は横にスクロールできます

※複数のクレジットカードをお持ちになっている場合は、法人カードとその他のカード別に、それぞれのカードで補償されている金額のもっとも高いクレジットカードの補償金額と【off!(オフ)】の補償金額を合計します。
損保ジャパン日本興亜で利用可能なクレジットカードは、UC、JCB、OMC、セディナ、クレディセゾン、VISA、MASTER、DC、JACCS、NICOS、UFJ、イオン、ダイナースクラブ、オリコ、アメックス、アプラス、楽天KCの17種類。また、この17種のカード会社とのダブル(トリプル)カード等も利用できます。
補償内容はカード会社、カード種類により異なりますので、ご出発前に必ずご自身でご確認ください。

※航空券やパッケージツアーの代金をカードで決済した場合に適用されます。

※この計算式は2018年1月1日以降適用になります。

海外旅行保険を調べる・申込する

インターネット契約へ進む

新・海外旅行保険【off!(オフ)】について詳しく知りたい方はこちら

インターネット契約よくあるご質問

このページは概要を説明したものです。詳しい説明については地球の歩き方または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。

新・海外旅行保険【off!(オフ)】カスタマーセンター
フリーダイヤル
0120-666-756(通話料無料)
※おかけ間違いにご注意ください。
営業時間
平日:午前9時から午後8時
土日・祝日:午前9時から午後5時
*12月31日から1月3日は休業

SJNK18-80300 2018.11.9

海外旅行保険 コンテンツ一覧

損害保険ジャパン日本興亜代理店
地球の歩き方メディアパートナーズ