電子書籍

地球の歩き方 D21 ベトナム 2018-2019 【分冊】 3 ハノイと北部

電子版希望小売価格:¥ 700
配信開始月:2018年11月
ページ数:約127ページ

首都であり文化・政治の中心。街の歴史は古く、寺院やフランス統治時代の建物が残る。“海の桂林”ハロン湾への起点でもある。

首都ハノイは政治・文化の中心都市。1000年の歴史をもつ古都には寺社が多い。一方で、フランス統治時代の洋館や教会も残り、街全体に落ち着いた雰囲気が漂う。経済改革で市の南西側は新都心へと変貌中。北部観光の起点にもなる街だ。伝統工芸や歴史に触れられる見どころも注目され、年々、外国人観光客も増えている。

●ハノイ:ベトナム社会主義共和国の首都、ハノイ。南のホーチミン市が商業の中心なら、こちらは政治・文化の中心都市だ。11世紀に首都タンロン(昇龍)がおかれ、以来1000年の歴史をもつ古都にふさわしく由緒ある寺社が多い。その一方では、フランス統治時代に建てられた洋館や教会も多く残されている。整然と走る美しい並木の道路、点在する湖や公園。道行く人々の表情もどこか穏やかな感じで、街全体に落ち着いた雰囲気が漂う。ドイモイ政策にともなう経済改革では、ホーチミン市に一歩リードされているかのようだが、ハノイも負けてはいない。街なかのビルはどんどんと建て替えられ、人々の服装もオシャレに、そしてバイクや高級車の数が急増している。特に市の南西側のミーディン地区、チュンホア地区、カウザイ地区には近代的な高層ビルが続々と建ち、ハノイの新都心となりつつある。ハノイはハロン湾やサパ、ニンビンなどの北部観光の起点にもなる街だ。また、陶器村のバチャンや伝統文化村のドゥオンラムなど、伝統工芸や歴史に触れられる見どころも注目され、年々、外国人観光客も増えている。

●本書に掲載している都市・観光地

ハノイ、バッチャン、ヴァンフック、ドンホー、ドゥオンラム、ドンキー、クアットドン/タンロイ、マイチャウ、ニンビン、ハロン湾、ハイフォン、ドーソン、サパ、バックハー、ラオカイ、ディエンビエンフー、ランソン、ドンダン、カオバン

●コラムでベトナムの“今”をキャッチ!
旧市街ハノイ36通り/ハノイ旧市街さんぽ/ハノイ発のオプショナルツアー/ハロン湾1泊2日クルーズの旅/消えたサパの歌垣/少数民族を訪ねるトレッキングツアー

以下でご購入いただけます

※上記各サイトに遷移後、適切な商品が掲載されない場合がございます。この場合は、各ストアの検索欄に書名を入力・検索いただくと、ご希望の商品が表示される場合があります。

おことわりとお知らせ(必ずお読みください) ※「価格」とは当社が希望する小売価格を示しています。
販売しているサイト(店舗)や日時によって、提示額が異なることがあります。
また店舗独自のバーゲンやポイント等のプロモーションについては当社は一切関与していません。