電子書籍

地球の歩き方 D21 ベトナム 2017-2018 【分冊】 1 ホーチミンと南部

電子版希望小売価格:¥ 700
配信開始月:2017年07月
ページ数:約176ページ

商業の中心都市。高層ビルが建ち並び、車やバイクがあふれ、ベトナムパワーを満喫できる。日本からもっともアクセスしやすい街。

●ホーチミン市:ベトナム戦争が終結し、解放される1975年までは「サイゴン」と呼ばれていたベトナム最大の商業都市、ホーチミン市。人口は約782万人、その数は年々増加の一途をたどっている。街はサイゴン川の西側に開けており、かつて「プチパリ」とたたえられていた美しい街並みは、ここ十数年で急激な変貌を遂げ、今では整然と並ぶ街路樹やシックなコロニアル様式の建物、カトリック教会にわずかにその面影を残すだけとなった。市場経済を軸とした自由競争はますます街に活力を与え、現在も進化中だ。高層ビルが増え、通りやロータリーは 1日中車やバイクであふれ返っている。2012年にベトナム初となる地下鉄建設工事が市中心部で着工。2018年には全6路線が開通する予定だ。ベトナム観光をホーチミン市からスタートしたら、「社会主義国ベトナム」のイメージは大きく裏切られるだろう。とどまるところを知らないこの大都市は、強烈な日差しのようにエネルギッシュなパワーで今日も発展を続けている。一方で、昔と変わらない光景も生き続けている。市場に行けばメコンの恵みをいっぱいに授かった南国特有のフルーツや野菜が山積みされ、裏通りには天秤棒を下げた威勢のいいおばさんが行き来する。近年では買い物・美食天国ホーチミン市のイメージが強いが、街角にはそんな普段着のホーチミン市もいたるところで目にする。
●本書に掲載したおもな都市・観光地
ホーチミン市、ニャチャン、クイニョン、ファンラン、バンメトート、ダラット 、ファンティエット、ムイネー 、クチ、タイニン 、ブンタウ 、ミトー 、ベンチェー 、ヴィンロン、チャーヴィン、カントー 、ソクチャン 、ロンスエン 、チャウドック、カーマウ 、ラックジャー 、ハーティエン 、フーコック島、コンダオ島 ほか

以下でご購入いただけます

※上記各サイトに遷移後、適切な商品が掲載されない場合がございます。この場合は、各ストアの検索欄に書名を入力・検索いただくと、ご希望の商品が表示される場合があります。

おことわりとお知らせ(必ずお読みください) ※「価格」とは当社が希望する小売価格を示しています。
販売しているサイト(店舗)や日時によって、提示額が異なることがあります。
また店舗独自のバーゲンやポイント等のプロモーションについては当社は一切関与していません。