電子書籍

地球の歩き方 A19 オランダ/ベルギー/ルクセンブルク 2017-2018 【分冊】 2 ベルギー/ルクセンブルク

電子版希望小売価格:¥ 900
配信開始月:2017年06月
ページ数:約278ページ

2つの文化が調和したこの国は、ヨーロッパの人々が長い歴史のなかで大切に作り上げてきたものが何であるかを刻み込んでくれる。

正式国名はベルギー王国で、フランス語でベルジック、オランダ語ではベルヒエと呼ぶ。九州よりやや小さい面積の中に10の州がある。

・フランドル地方(北部):西フランドル、東フランドル、アントワープ、フラームス=ブラバント、リンブルグの5州からなり、フランデレン人が多い。フランデレン語が公用語。ちなみにフランドルというのはフランス語で、オランダ語ではフランデレンと呼ぶ。
・ワロン地方(南部):エノー、ブラバン・ワロン、リエージュ、ナミュール、リュクサンブールの5州。特に南東部3州はアルデンヌ地方と呼ばれる。フランス語を公用語とするワロン人が多く住むが、一部の地域ではドイツ語も。

本誌ではそれぞれの地方を東西に分け紹介した。
ベルギー、オランダとベネルクスを構成するルクセンブルク大公国もこの分冊に収録した。

ブリュッセル空港内に入り、各種標示がフランス語、オランダ語、ドイツ語で記されているのを見て、この国の複雑な言語事情を実感する。現在のベルギーの言語境界線や文化の原形が作られたのは、ローマ時代。ベルギーはおもにフランデレンとワロンのふたつの民族によって構成されている国だ。フランデレン人はシーザーのガリア征服の際ゲルマンの領域にとどまった民族で、オランダ語の方言であるフランデレン語を話す。一方のワロン人はローマ領としてラテン化し、ラテンの言葉であるフランス語を話す。
なお、第1次大戦後にベルギー領となった人々はドイツ語を母語としている。1830年にオランダから独立して以後、フランデレンとワロンの両民族は、言語戦争と呼ばれる対立を繰り返しながらも、現在の豊かで安定したベルギーを築き上げてきた。
フランス、ドイツ、オランダ、ルクセンブルクと国境を接し、ドーバー海峡によってイギリスと通じているベルギーは、“ヨーロッパの心臓”と呼ばれている。首都ブリュッセルは、EU本部やNATOなどの機関が集まるヨーロッパきっての国際都市である。これには地理的な条件もあるが、何よりベルギーがゲルマンとラテンというヨーロッパの2大民族の融合した国であるというのも、大きな要因となっている。2つの文化がたくみに調和したこの小国は、ここを訪れる私たちの心に、ヨーロッパの人々が長い歴史のなかで大切に作り上げてきたものが何であるかをしっかりと刻み込んでくれる。そして外国に侵略された歴史が長いだけに、外国人には開放的で親切だが、自分たちの生活や伝統を頑として変えない一面ももっている。ヨーロッパを知りたかったらベルギーを見るのが最も近道だといえる。
●本書に掲載したおもな都市・観光地
【ベルギー】ブリュッセル、ブルージュ、ゲント、オステンド、イーペル、アントワープ、リール、ルーヴェン、ハッセルト、メッヘレン、リエージュ、スパ、ナミュール、ディナン、デュルビュイ、モンス、トゥルネー、アルデンヌの古城めぐり
【ルクセンブルク】ルクセンブルク、ヴィアンデン、クレルボー ほか
ベルギー、オランダとベネルクスを構成するルクセンブルク大公国もこの分冊に収録した。

以下でご購入いただけます

※上記各サイトに遷移後、適切な商品が掲載されない場合がございます。この場合は、各ストアの検索欄に書名を入力・検索いただくと、ご希望の商品が表示される場合があります。

おことわりとお知らせ(必ずお読みください) ※「価格」とは当社が希望する小売価格を示しています。
販売しているサイト(店舗)や日時によって、提示額が異なることがあります。
また店舗独自のバーゲンやポイント等のプロモーションについては当社は一切関与していません。