トップ > 中南米 > エルサルバドル > ビザ・パスポート・入出国

エルサルバドルのビザ・パスポート・入出国

入出国とビザ

【ビザ】観光を目的として入国する日本国民は、90日以内の滞在であればビザは不要(グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグアを含め4ヵ国での合計滞在日数)。

【パスポート】入国時点で残存有効期間が6ヵ月以上必要。

【入出国税】空路の場合は入国税や出国税は航空券代に含まれている。陸路の場合は入出国税は発生しない。

【アメリカ経由で中南米へ渡航する際の注意】
◆ESTA(エスタ)
ビザなしで渡米する場合、2009年より電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)が導入され、事前に渡航認証を取得しなければならない。申請は渡航の72時間前までに、ESTA専用のウェブサイト( https://esta.cbp.dhs.gov/ )から行う。日本語の手続きの案内に従い、申請者情報、パスポート情報、渡航情報、米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの必要事項をローマ字で入力する。料金は有料で$14。アメリカン・エキスプレス、マスター、ビザなどのクレジットカード、またはデビッドカードで決済する。

※南米各国など黄熱病感染地帯から直接入国する場合は、イエローカードの提示が求められる。

現地時間

エルサルバドルの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

エルサルバドルの代表的な都市

エルサルバドルを旅する

エルサルバドルTOP
中南米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について