× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > セルビア旅行・観光ガイド

セルビアの旅行・観光ガイド

セルビア

バルカン半島の中心部に位置するセルビア共和国は、西をディナル山脈、東をカルパティア山脈に囲まれた山がちな内陸国。中央に位置するセルビア共和国の本体と、ドナウ川から北に広がる平原地帯はヴォイヴォディナ自治州という自治州から成り立っている(セルビア南西に位置するコソヴォは、2016年12月現在、日本を含め国連加盟国109ヵ国が独立国として承認しているが、セルビアは自国の一部、コソヴォ・メトヒヤ自治州として認定しており、それを含めるとふたつの自治州)。かつてはユーゴスラヴィア内で中心的役割を果たした共和国であった。現在6つの共和国がすべて独立し、西はクロアチアとボスニア・ヘルツェゴヴィナ、南はマケドニアとモンテネグロ、コソヴォ、北はハンガリー、東はブルガリアとルーマニアに国境を接している。 さまざまな文化の影響を受けながら、独自の文化を創り上げてきたセルビアでは、20世紀末の政治的混乱のため、残念ながら観光業は長い間停滞してきた。しかし、連なる山々とその間に流れる川によって造り出された渓谷などの美しい自然、ザイェチャル周辺にあるガレリウス帝の宮殿跡をはじめとするローマ時代の遺跡、中世セルビア王国の下で花開いたキリスト教文化をいまに伝えるイコンやフレスコ画で彩られた教会など、文化的な史跡も数多く残っており、観光資源が不足しているわけでは決してない。 コソヴォとその周辺に関しては、いまだに不安定な要素を抱えているものの、南部セルビアを除くほとんどの地域では、概して治安はよく、人々はホスピタリティにあふれている。多くの旅行者にとって未知の国ともいえるセルビアだが、そのぶん訪れる人に新鮮な感動を与えてくれることだろう。

セルビアの旅行・観光情報

What's New

セルビアの代表的な都市

セルビアのガイドブック・書籍

セルビアを旅する

ヨーロッパTOP
トップページへ戻る