トップ > 中南米 > ペルー旅行・観光ガイド

ペルーの旅行・観光ガイド

ペルー

アンデスの山々にこだまするフォルクローレの音楽、鮮やかな民族衣装をまとった先住民(インディヘナ)の人々、神秘的な古代遺跡、アマゾンの秘境―南米といわれて思い浮かべるイメージのすべてがある、南米のダイジェストともいえる魅力が詰まった国ペルー。
国土は日本の約3.4倍、エクアドル、コロンビア、ブラジル、ボリビア、チリと国境を接しており、ほぼ赤道直下から南緯18度にわたる多様な地勢をもつ。そのため、年間を通じてほとんど雨の降らない乾燥した砂漠から、標高6000m級の雄峰が連なるアンデスの高地、ジャングルに覆われたアマゾン河流域の密林地帯まで、変化に富んだ風土と気候がひとつの国に存在しているのだ。アマゾンといえば真っ先にブラジルを思い浮かべる人も多いが、実はペルーの国土の約60%がアマゾンの熱帯雨林地域である。あの流域面積世界一を誇るアマゾン河は、ペルーのアンデスを源流としてブラジルへと注いでいるのだ。ひとつの国でこれだけ多彩な自然環境をもっているため、旅する地域によってまったく異なる文化や風習に触れることができる。
また、かつて南米最大の帝国を築いたインカ帝国をはじめ、紀元前から栄えてきた古代文明の数々もペルーの大きな魅力のひとつだ。謎の空中都市といわれるマチュピチュ、乾燥した大地に刻まれたナスカの地上絵、ワラス近郊に残るチャビン・デ・ワンタル、チクラヨ近郊のシパン王墓など、いまだに多くの謎に包まれた遺跡が、ペルーにはいくつも残されている。旅をしていると、何千年も昔に造られた建造物が当たり前のように現代の風景になじんでいるのを見ることができるだろう。
人々の活気と喧噪に満ちた南米独自の空気を体験したかと思えば、ときに静寂にたたずむ神秘的な遺跡を眺めて遠い過去を身近に感じることができる、そんな不思議な魅力が、ペルーの旅をさらにおもしろくしている。

ペルーの旅行・観光情報

What's New

ペルーの代表的な都市

おすすめガイドブック・書籍

おすすめ現地ツアー

ペルーを旅する

中南米TOP
トップページへ戻る
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について