トップ > 中南米 > ニカラグア > チップ・マナー

ニカラグアのチップ・マナー

チップ

【タクシー】基本的には必要ない。

【レストラン】レストランではサービス料を加算していなければ10%が目安だが、庶民的な簡易食堂では必要はない。

【ホテル】ポーターに荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだ場合にはC$30~50程度。

【ツアーやアクティビティ】ツアーガイドには料金の10%程度。

マナー

教会など宗教施設へ入る際は信仰の場であることを十分に配慮しよう。内部では脱帽し、大声では話さずタンクトップや短パンの類は避けたほうがいい。飲食物の持ち込み、カメラのフラッシュは基本的に禁止だ。

その他

【緊急時】警察 118

交通

【飛行機】マナグアからは、大西洋岸の町ブルーフィールズを経由してコーン島(マイス諸島)への便や、プエルト・カベサスへの便をラ・コステーニャ航空が毎日運航している。ほかにもラ・コステーニャ航空は、コスタリカとの国境に近いニカラグア湖畔の町サン・カルロスへの便なども出している。

【バス】マナグア市内の3つのバスターミナルから、ニカラグアのおもな町への長距離バスが出ている。米国から払い下げられたスクールバスが多く流用されている。グラナダ、レオンへはミニバスが、マナグアのセントロ・アメリカ大学UCA向かいから頻繁に出ており、こちらのほうが便利で安全だ。

年齢制限

ニカラグアでは18歳未満の飲酒と喫煙は禁じられている。観光地などの入場料には、学生料金や子供料金を設定している場合もある。

基本情報

ニカラグアの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ニカラグアの代表的な都市

ニカラグアを旅する

ニカラグアTOP
中南米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について