× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > モンテネグロ旅行・観光ガイド

モンテネグロの旅行・観光ガイド

モンテネグロ

2006年に独立したモンテネグロは、人口わずか62万、面積は福島県と同じくらいの小国だ。しかし、狭い国土の中には国立公園が4ヵ所あり、293kmにわたる海岸線のうちの73kmはビーチとなっているなど、魅力的な観光資源に富んだ国といえるだろう。 国名のモンテネグロ Montenegroは、「黒い山」を意味するイタリア語のヴェネツィア方言。現地ではツルナ・ゴラというが、意味は同じ。黒い山とは、アドリア海沿いにそびえる山々に木が生い茂り、黒く見えたからだといわれており、豊かな自然を誇る国にふさわしい。 さらに、アドリア海岸の港町には、世界遺産にも登録されているコトルをはじめ、長い歴史を誇る魅力あふれる町も数多く存在する。 観光の拠点となる町は、ブドヴァやヘルツェグ・ノヴィなど、沿岸部に集中している。これらの町はホテルやプライベートルームが多く、現地発着のツアーも多数催行されており、ミニバス、国際バスともに多い。内陸部はポドゴリツァなどを除いてホテルの数が少ないので、拠点を決め、海に山に足を延ばしたい。

モンテネグロの旅行・観光情報

What's New

モンテネグロの代表的な都市

モンテネグロのガイドブック・書籍

モンテネグロを旅する

ヨーロッパTOP
トップページへ戻る