トップ > ヨーロッパ > ラトビア > 飲み水・水道水

ラトビアの飲み水・水道水

水道水はカルシウム分を多く含むかなりの硬水。汚染されてはいないが、パイプが古かったりする場合があるので、生では飲まないほうがいい。沸騰させたものは問題ない。
ペットボトル入りのミネラルウォーターは、食料品店やキオスクなどで安価で売られている。炭酸ガスが入ったものが多いが、炭酸ガスが入ってないものは「Negazets」などと表示されている。
水

トイレ

町なかや駅、バスターミナルなどにある公衆トイレはほとんどが有料で、料金は1回0.20~€0.30程度。紙は便器の横にない場合があり、料金所そばにあるものを自分でちぎって持っていく。便器そばに籠がある場合、パイプが詰まる可能性があり紙は流せないということなので、使用後はその籠に捨てること。
男性用は▼かV(Virs)、女性用は▲かS(Sieva)などで表示されている。

治安

ラトビアの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ラトビアの代表的な都市

おすすめ現地ツアー

ラトビアを旅する

ラトビアTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について