トップ > ヨーロッパ > イタリア > チップ・マナー

イタリアのチップ・マナー

チップ

レストランやホテルなどの料金には、ほとんどサービス料が含まれているので、必ずしもチップ(伊語で manciaマンチャ)は必要ではない。快いサービスを受けたときや通常以上の手間をとらせたときなどには、以下の相場を参考にしてみよう。

【レストラン】料理代金に含まれる場合がほとんど。別計算の場合も、勘定書きには含まれている。店の格により7~15%程度。

【ホテル】ポーターやルームサービスに対して、€1~5程度。

【タクシー】料金の10%程度。

【トイレ】係員が一律に徴収する場合や、机にお皿を置いて任意にとする場合がある。入口のゲートに指定料金を投入する無人タイプもある。€0.50~1程度。

喫煙

2005年1月10日より、「禁煙法」が施行され、美術館、博物館、映画館、列車および、レストラン、バールなどを含め、すべての屋内、公共の場での喫煙は禁止。違反者には、罰金が課せられる。

その他

【緊急時】警察署 113、消防署 115

年齢制限

レンタカー会社では、21~25歳以上で運転歴が1年以上、または60~65歳以下などの年齢制限を設けている場合もある。
また数は多くないが、一部の博物館や美術館では、学生や26歳以下、65歳以上の場合に割引が受けられることもある。

基本情報

イタリアの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

イタリアの代表的な都市

ローマのオススメ観光スポット

おすすめ現地ツアー

イタリアを旅する

イタリアTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について