トップ > アジア > インドネシア > 安全・治安

インドネシアの安全・治安

安全とトラブル

【スリ】ジャカルタやジョグジャカルタの繁華街、市内バス、駅構内などでは被害が多い。旅行者が集まるエリアでは周囲に注意を配り、貴重品はホテルの金庫へ。

【バイクの引ったくり】バリ島のクタ&レギャンなど、旅行者が多い道路で被害が多発している。貴重品は持ち歩かず、バッグは体の前、路肩側に。

【両替トラブル】バリ島の観光エリアの両替商で、お金を少なく渡されるケースが頻発している。一度立ち去るとクレームは受け付けてもらえないので、お金を受け取ったらすぐに確認すること。なるべく銀行や専門のマネーチェンジャーを利用しよう。

【トランプ詐欺】旅行者を言葉巧みにアジトへ連れ込んで、イカサマのトランプ賭博で金を巻き上げるグループが出没している。クレジットカードで支払いを強要するので、被害額は50万円前後に及ぶこともある。

【詐欺】「家には土地があるから、ホテルの建物を建ててほしい。共同経営しよう」などという話には注意が必要。インドネシアでは外国人は土地や店舗を所有できないので、お金を出したあとは相手のイニシアティブが強くなり、仲違いをしたら外国人は手ぶらで帰国する羽目になる。

チップ・マナー

インドネシアの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

インドネシアの代表的な都市

インドネシアを旅する

インドネシアTOP
アジアTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について