トップ > アジア > インドネシア > チップ・マナー

インドネシアのチップ・マナー

チップ

レストランやホテルの料金にサービス料が含まれている場合、基本的には不要。ただし、気持ちのいいサービスを受けたときには気持ちで渡そう。額は個人の満足度によっても異なるが、以下の相場を参考に。

  • - レストラン:店の格にもよるが、5~10%ぐらいの額を支払い時に渡すか、おつりの小銭をテーブルに残す。
  • - ホテル&スパ:ホテルのポーターやマッサージの担当者にはRp.2万ほど。
  • - タクシー:小額のおつりは要求しないのが慣例となっている。

マナー

バリ島では新年のニュピに、外出や火を使用することは一切禁じられている。緊急時でもないのにホテルの敷地を出ると、旅行者でも警察に逮捕される。また不浄の手とされている左手で、食べ物を持ったり、握手を求めないこと。また頭は精霊が宿る神聖な場所なので、相手が子供でも頭をなでてはいけない。

年齢制限

観光スポットなどの入場料には、12歳以下の子供料金を設定している場合もある。飲酒や喫煙の年齢制限は法律では規制していない。慣例として17歳前後からたしなむ人が多い。

基本情報

インドネシアの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

インドネシアの代表的な都市

インドネシアを旅する

インドネシアTOP
アジアTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について