トップ > ヨーロッパ > エストニア > チップ・マナー

エストニアのチップ・マナー

チップ

伝統としてチップの習慣はないので必ずしも置く必要はないが、観光化が進むにつれチップも受け入れられるようになってきている。地元の人では置く人、置かない人に分かれる。
一般に、カフェなどで食事をしたときには、料金プラス€1前後になるような端数のないお金を置いていくとスマート。レストランなどでは総額の10%程度で充分と思われるが、もちろん気持ち次第で増やしても構わない。

喫煙

レストランやバーなど飲食する場所では、喫煙所以外での喫煙は禁じられている。

その他

【緊急時の電話番号】警察署 110、消防署・救急車 112

【飲酒】公共の場での飲酒は禁止。夜22:00から翌10:00までは、商店でアルコール類を買うことはできない。

【国民性】北国の民族らしく、エストニア人はどちらかというと寡黙で、陽気とはいえない。観光業に従事する人は別だが、一般に作り笑顔もしないが、怒っているわけではない。近年英語の通用度は驚くほど高くなっている。

年齢制限

酒類、タバコの購入と消費は18歳以上から。

基本情報

エストニアの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

エストニアの代表的な都市

おすすめ現地ツアー

エストニアを旅する

エストニアTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について