トップ > 中南米 > チリ > 通貨・為替レート

チリの通貨・為替レート

通貨と為替レート

チリの通貨はチリ・ペソ Chile Peso。略号は$。補助通貨はセンターボ Centavo。
1ペソ=100センターボだが、センターボは流通していない。
2017年8月29日現在、US$1=$628.3=108円。
紙幣は$20000、$10000、$5000、$2000、$1000。
硬貨は$500、$100、$50、$10、$5、$1。$100硬貨は新旧の2種類が流通している。$10以下の硬貨はほとんど流通していない。

【クレジットカード】
中級以上のホテルとレストラン、現地発着ツアーの支払いは、かなんりの割合でクレジットカードが通用する。ATMも多い。キャッシングは端末にもよるがATM使用料は$5000(約750円)と高額で、一度に引き出せる金額は$200000(約3万円)が一般的。
支払いには、4桁の暗証番号かサインが必要。サインの場合はパスポート番号の記入も求められる。

【ATMの利用方法】
ATMコーナーの入口がロックされている場合、ドアに設置された読み取り装置にカードを通して解錠する。ATMの基本操作は以下のとおり。
(1)カードを入れる(ATMの種類によって入れたあとカードをすぐ抜く場合と、カードを入れたまま操作を続けるものがある)。
(2)暗証番号(Código de identificatión personal)を入力し、確認(Confirma)ボタンを押す。
(3)Foreign Clientを選択すると英語表示になる。機械によっては英語不可。
(4)(英語の場合)Withdrawalのボタンを押す。
(5)Credit Account(キャッシング)、Checking account(当座預金口座)、Saving account(普通預金口座)のいずれかを選択。
(6)金額を入力または選択して確認ボタン。((1)の操作でカードを抜くタイプのATMを利用している場合は、改めてカードを入れなくてはならない)
(7)ATMの手数料(ATMごとに異なる)がかかるが手続きを続けるかという質問にYESかNOで回答。
(8)現金、利用明細を受け取る。
(9)取引を続けるかどうかの画面が表示された場合、NOボタンを選んで終了させる。

両替

両替は銀行 Banco、カサ・デ・カンビオ Casa de Cambio(または単にカンビオ Cambio)と呼ばれる両替所、一部の旅行会社、ホテルでもできる。日本円が両替できるところもあるが、レートは悪く地方都市では難しい。米ドルを用意するのが得策だ。レートは銀行と両替所はほぼ同じだが、店舗によって差があり、一般的に空港やバスターミナルにある店舗は、町の中心に比べて悪い。

税金

チリでは商品の代金にIVAと呼ばれる19%の付加価値税がかかっている。還付の手続きは基本的にはできないが、中級以上のホテルのなかには、外貨もしくはクレジットカードで支払うことで、IVAを払わなくてもよいところがある。ホテルでの予約時または支払いの際、入国時にもらうツーリストカードを提示すること。

単位

日本の度量衡と同じで距離はメートル法、重さはグラム、キロ、液体はリットル。

電圧

チリの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

チリの代表的な都市

チリを旅する

チリTOP
中南米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について