× 閉じる

トップ > アジア > ラオス > ヴィエンチャン

ヴィエンチャン 旅行ガイド
(観光情報)

都として栄え始めたのは16世紀の半ばからで、それまでルアン・パバーンにあったラーンサーン王朝がここに遷都したのがきっかけだった。樹木の多い街並みで、別名「森の都」ともいわれている。現在は、ホテルやビル、商店などが次々と建設され、街並みはみるみる変化しているが、緑に包まれた穏やかさを保ち続けている。

What's New

ラオスの代表的な都市

おすすめ現地ツアー

ラオスを旅する

ラオスTOP
トップページへ戻る