トップ > アジア > フィリピン > マニラ > サン・オウガスチン教会

フィリピンサン・オウガスチン教会San Agustin Church

サン・オウガスチン教会

世界遺産に登録されたフィリピン最古の石造教会 1599~1606年に建てられた、フィリピン石造建築のなかで最も古い教会のひとつ。そのどっしりとした建物は、1675年からの7回にわたる地震や第2次世界大戦の爆撃にも耐え、そのままの姿を残すことができた。教会内はバロック風のインテリアで、パリから取り寄せられたシャンデリア、イタリア人アーティストによる壁画や祭壇を見ることができる。マニラ大聖堂よりは明るい感じのする教会だ。祭壇左にはスペイン人の初代総督レガスピが眠っている礼拝堂もある。また、教会右のサン・オウガスチン博物館には、宗教画や礼服、礼拝に使う品々の展示がある。

住所
Gen. Luna St., Cor.Real St., IntramurosMAP
TEL
(02)8527-2746※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
フィリピンへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
8:00~17:00
定休日
なし
料金
P200(博物館)

フィリピンその他 マニラ地区の見どころ

フィリピンサン・オウガスチン教会の口コミ

マニラ旧市街にあるバロック様式の教会【世界遺産】サン・オウガスチン教会

★★★★★

1607年にスペインが再建したバロック様式のカトリック教会。【世界遺産】フィリピンのバロック様式教会群の1つで、マニラ市唯一の世界遺産。私が行ったときは結婚式のため、内部に入れませんでした。隣接した博物館(入場料200ペソ、約420円)を見物しましたが、展示物は素晴らしかったです。博物館の2階が教会の2階(後部)につながっており、教会2階から教会全体を見渡せました。バロック様式の教会内部はとても素晴らしいです。また、パイプオルガンを近くでみることができました。

What's New

マニラでWi-Fi使いませんか?

フィリピンマニラの観光情報

マニラ トップに戻る
マニラ トップに戻る フィリピンに戻る アジアに戻る