トップ > アジア > フィリピン > マニラ > マニラ大聖堂

フィリピンマニラ大聖堂Manila Cathedral

マニラ大聖堂

アジア最大のパイプオルガンをもつ 第2次世界大戦で破壊されたが、1954~1958年に再建された教会で、フィリピンで最も重要な教会とされている。この再建にあたっては、当時の神奈川県知事からの援助があったといわれる。ロマネスク風の建物で、ドーム状の屋根とベルタワーは目を引く。広い内部は厳かな雰囲気で、フィリピン人アーティストによってデザインされたステンドグラスは見もの。また、前方にはオランダ製のパイプオルガンがある。4500本のパイプをもつこのオルガンは、アジアで最も大きいもののひとつだ。

住所
Cebildo Cor.Beaterio, IutramurosMAP
TEL
(02)8527-3093※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
フィリピンへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
6:00~17:30
定休日
なし
料金
無料(寄付)

フィリピンその他 マニラ地区の見どころ

フィリピンマニラ大聖堂の口コミ

重厚な外観、きれいなステンドグラス

★★★★☆

日曜の午前中に行ったのでミサ中?で遠慮してあまり奥まで入りませんでしたが中のステンドグラスはとても美しかったです。 とても大きくて重厚な建物で、ここだけ(ほかの教会もですが)ヨーロッパな感じですね。 イントラムロスの入口から歩いて10分くらい? 歩いてるとトライシクルの人がしつこく客引きしてきました。

What's New

マニラでWi-Fi使いませんか?

フィリピンマニラの観光情報

マニラ トップに戻る
マニラ トップに戻る フィリピンに戻る アジアに戻る