× 閉じる

トップ > 中南米 > エクアドル > グアヤキル

グアヤキル 旅行ガイド
(観光情報)

太平洋に注ぐグアヤス川Río Guayasの河口から約56km上流に発達したグアヤキルは、人口200万人を擁するエクアドル最大の都市である。さまざまな物資を満載した船が、この港を目指して海の彼方からやって来る。グアヤス港からは、特産品であるコーヒー、カカオ、バナナなどの農作物をアメリカ合衆国をはじめ、はるか彼方の国々(日本へも)へ輸出しており、キトに次ぐ商業地域として活気を集めている。 赤道直下のこの港町は、1820年代、南米独立の父"シモン・ボリーバル"と英雄"ホセ・サン・マルティン"が当時の支配国スペインに対して独立戦争を起こす密談を交わした地としても有名だ。その後ボリーバルはグラン・コロンビアの大統領となり、サン・マルティンは自らに引退を課したのだった。ラテンアメリカの歴史の1ページは、このときから塗り変えられることになった。現在、グアヤス川と10月9日通りAv. 9 de Octubreが交差するところに、記念碑La Rotondaが建てられている。 グアヤキルという名前は、インカ帝国侵攻、そしてこれに続くスペインのコンキスタドールに果敢に挑んだ伝説上のふたりのインディヘナ、グアヤスGuayasとキルQuillの名前に由来している。

What's New

エクアドルの代表的な都市

グアヤキルのガイドブック・書籍

エクアドルを旅する

エクアドルTOP
トップページへ戻る