トップ > ヨーロッパ > ハンガリー > ブダペスト > 王宮

ハンガリー王宮Budavári Palota(Royal Palace)

王宮

正確にはブダ王宮。王宮の丘の南側に位置し、水色のドーム型屋根がひときわ目立つ。ここに最初に王宮を建てたのはハンガリー王ベーラ4世。13世紀半ば、モンゴルの来襲にエステルゴムから逃れてきたベーラ4世は、この丘の地の利に目をつけここに城(王宮)を築くことを決めたという。14世紀には当時の王ラヨシュ1世によって王宮の増改築が行われ、15世紀になると人文主義者として知られる王マーチャーシュ1世のもと、王宮にはイタリアなどから職人や芸術家が多数集まり、王宮を中心にハンガリー・ルネッサンスが花開いた。ハンガリーは中央のルネッサンス中心地として栄華を誇ったのである。しかし16世紀には、オスマン帝国との戦いで王宮は壊滅してしまった。
17世紀に入り、ハプスブルク家によってオスマン帝国から解放されると、バロック様式の宮殿が新築され、18世紀には女帝マリア・テレジアのもとで増改築が行われた。ところが、19世紀半ばに起きた大火災で大部分が焼け落ちてしまった。それを機に再び大改築が行われ、完成したのは1904年。しかし、その後の2度にわたる世界大戦で再び大打撃を被った。今見られる姿は戦後修復作業を行って、1950年代にようやく完成したものである。
建物自体が何世紀も前のものというわけではないが、昔からここは王の居城であり、政治文化の中心であったことに変わりはない。特に、その入り口を4頭のライオンが守る中庭には優雅さと威厳が漂っている。
現在、王宮は国立美術館をはじめ、美術館や博物館として使用されている。王宮の一角は2万冊の蔵書を誇るセーチェニ図書館になっており、中世の写本などが展示されている。

住所
Szent Gyorgy terMAP
所要時間
20分

ハンガリーその他 歴史を刻む王宮の丘

What's New

ブダペストでWi-Fi使いませんか?

ハンガリーブダペストの観光情報

ブダペスト トップに戻る

あなたにおすすめの記事

ブダペスト トップに戻る ハンガリーに戻る ヨーロッパに戻る